自分でリフォーム!DIYで簡単に

自分の住む家について、100%満足している人はどれ程いるでしょうか。たとえ、一時的に満足していたとしても、時の経過とともに不満が出てくるものです。たとえば、子供ができる前と子どもが生まれた後、子供が学校に行き始める時期、そして、子供が自立して家を出ていった後などその時の家族の状況次第で、必要な部屋数や間取りが異なってきます。かといって、その都度自分の要望に合った家を買い替えられるような裕福な人は限られています。そうなると、家の一部をリフォームするしかありません。

対象となる範囲を間違えないために

以前は、スクラップ&ビルドでほとんどの家が新築されていました。なぜなら、家のリフォームには多額の費用がかかり、新築するのとほとんど変わらないぐらいだと信じられてきたからです。もちろん、プロの施工業者に依頼すれば、相当の出費は覚悟しなければならないでしょう。しかし、家をリフォームするにあたっては、その気になれば自分でやれる部分もあります。DIY(Do It Yourself)の精神で臨めばそれほどコストをかけずにその時々の自分好みの家に作り変えることは十分可能です。

欧米では、DIYはだれもが当たり前のように行っています。本屋に行けばDIYの専門コーナーがあり、どうすれば自分でうまくリフォームできるかの指南書が並んでいます。必要な道具や建材も安価で簡単に手に入ります。家の規格も画一的なものがつかわれていて、いわゆる2×4(ツーバイフォー)とよばれる工法用の木材が出回っています。こうしたものを使って、自分の家に少しずつ手を加えることで居心地のいいすみかを作っていくのです。

24時間営業のサイトは急ぎの時にも楽チンです

最近は日本でも、同様な工法を用いた家屋が増えてきています。また、ホームセンターやネット通販などが増えてきたことによってDIYの道具や建材も入手しやすくなってきました。それなりの苦労や手間を覚悟することができたなら、自分の力でリフォームすることにチャレンジできる土壌はあります。すべてを自分でするのは難しいでしょうから、まずは、どこまでができる部分かを見極めることが必要です。自分自身で判断するのは難しいかもしれませんから、プロの施工業者と相談しながら決めてもいいかもしれません。

会社名やロゴの印刷にも対応

最終的に、費用を抑えながら思い描く理想の家に少しでも近づけるようにしていくことが重要です。もちろん、だれもがプロの職人ではありませんので、こぎれいな外観を作ることは困難でしょう。ですが、素人には素人の作り出す味わいというものがあります。自分が納得がいくように工夫しましょう。毎日、心地良く暮らせる環境をつくれるのは他の誰でもないのですから。

↑ PAGE TOP